8月5日、スクールボランティアサミット2016を開催しました。参加者は118名にのぼり、充実した研究協議が行われました。

2016-08-10

8月5日、スクールボランティアサミット2016を開催しました。参加者は118名にのぼり、充実した研究協議が行われました。

午前中は、文部科学省田村学視学官による講演、小中学校の先生による実践報告、午後は高等学校の実践報告、常磐大学の池田幸也先生の講義と大変内容の濃いプログラムが進んで行きました。

最後のプログラムは、ワークショップです。このワークショップは、恐らくこれまでにない試みではないかと思います。文京高等学校のある地域の町内会の会長、副会長をはじめとするみなさん7名の方にご参加いただき、町内会の課題をお話しいただき、その改題を解決するボランティアプログラムを作成するという臨場感溢れる試みです。

また、そこには、教師や協力者の大人のグループの他に、都内3校の都立高校の生徒13人が高校生だけのグループをグループを2つ作って参加し、先生達大人のグループと生徒達がボランティアプログラムを競い合うという大変ユニークで、充実した研究協議となりました。

最後に行われたプレゼンテーションでは、高校生達2つのグループの発表が創造力、プレゼン能力において、先生達のグループの発表を圧倒して、頼もしいやら、感心することしきりで、大人達の大きな拍手をもらっていました。

 

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
すべての著作権は認定NPO法人さわやか青少年センターに帰属します。
Copyright(c) 2012-2017 認定NPO法人 さわやか青少年センター All Rights Reserved.