スクールボランティアサミットについて

【スクールボランティアサミット】

スクールボランティアサミットは、奉仕・ボランティア体験学習を普及させるために、小中高等学校の先生やご興味、関心のある市民の皆様にご参加をいただいて研修会を開催し、奉仕体験活動・ボランティア体験学習についての知識の量・質のレベルアップ、小中高等学校等での実施の拡大を図ることを目的としています。奉仕・ボランティア体験学習を通じて、ボランティア活動のできる子ども、言い換えると人間力(自助力と共助力)のある子どもに育つように指導できる指導者を育成する研修会です。

スクールボランティアサミット2017

スクールボランティアサミット2017を8月8日(火)次に紹介するPDF資料の内容で行います。この資料をダウンロードして、お申し込みください。
スクールボランティアサミット2017
SVS2017申込書(word版)

スクールボランティアサミット2016

8月5日(金)、スクールボランティアサミット2016を東京都立文京高等学校にて開催いたしました。東京都奉仕・ボランティア教育研究会共催。参加者118名。今年度は、初めて参加者が100名を超えました。アクティブ・ラーニングと奉仕・ボランティア体験学習というテーマで、学習指導要領改訂の方向性について文部科学省田村学視学官をお呼びしてご講演いただいた結果、多くの参加者にお越しいただくことができました。
小中高等学校の活動事例報告は、それぞれ、素晴らしい活動内容で、多くの質疑応答が行われました。活動事例報告の後、常磐大学コミュニティ振興学部長の池田幸也教授より指導のポイントを分かりやすく、お話しいただきました。
ワークショップは、今年度は地域の方に地域の課題を話していただき、その課題をテーマに参加者はボランティアプログラムを作成し、発表するという形にしました。今年度は文京高等学校のある地域の町内会長と町内会の方々に参加いただき、地域の課題をご報告いただきました。その課題をテーマとして熱心にボランティアプログラムの作成を行いました。
このワークショップには3つの高校のボランティア部の高校生たちも参加し、一緒に課題解決のプログラムづくりに取り組みました。先生たちに混じって、高校生たちが具体的で、分かりやすく、課題解決のプログラムのプレゼンテーションを行う姿を見て先生たちは驚くとともに、ボランティア活動が生徒たちに及ぼす大きな教育効果を確認したようでした。
スクールボランティアサミット2016

文部科学省田村学視学官の講演

文部科学省田村学視学官の講演

会場の様子

会場の様子

活動事例報告に対する質疑応答の様子

活動事例報告に対する質疑応答の様子

 

 

 

 

 

常磐大学池田教授の講義

常磐大学池田教授の講義

ワークショップ(町内会長さんたちが地域の課題を提供)

ワークショップ(町内会長さんたちが地域の課題を提供)

ワークショップ(各グループに分かれて課題解決プログラム作りを協議)

ワークショップ(各グループに分かれて課題解決プログラム作りを協議)

 

 

 

 

 

スクールボランティアサミット2015

8月7日(金)、スクールボランティアサミット2015を東京都立文京高等学校にて開催いたしました。今年も東京都奉仕研究会と共催するとともに、東京都教職員研修センターの連携研修という形で実施いたしました。参加者は73人。プログラムは、学習院大学の長沼豊教授の講義、東京都内の小中高等学校3校の活動事例報告、その内容に対する質疑応答、その後、実際に奉仕・ボランティア体験活動プログラムづくりと固定の形ができてきました。参加者からは小中高等学校それぞれの立場から、他小中高等学校の取組み内容が分かり、連携の必要性を感じたと言う意見などが聞かれました。

事例報告への質疑応答

事例報告への質疑応答

学習院大学長沼豊教授の講義

学習院大学長沼豊教授の講義

ワークショップの様子(2)

ワークショップの様子(2)

ワークショップの様子(1)

ワークショップの様子(1)

スクールボランティアサミット2014

開催日時:8月22日(金)、スクールボランティアサミット2013を東京都立芦花高等学校にて開催いたしました。
今回は、東京都奉仕研究会と共催するとともに、東京都教職員研修センターの連携研修という位置付けになりました。この連携研修は、初任の教員であれば受講すると研修2単位分になるということです。参加者した72人は、昭和女子大学の興梠寛教授の講義、活動事例報告者の話に引きつけれてメモを取り。そして、ワークショップでは、実際に奉仕・ボランティア体験活動プログラム作りで大いに協議、協力しながらプログラムを作成していました。

昭和女子大学興梠寛教授の講義

昭和女子大学興梠寛教授の講義

学校の事例報告

学校の事例報告の様子

ワークショップ風景

ワークショップ風景

スクールボランティアサミット2013

2013年8月2日(金)、スクールボランティアサミット2013を東京都立芦花高等学校にて開催いたしました。
高等学校の先生方を中心とする研修会でしたが、参加者は中学3年のボランティアクラブの生徒から、高校生、大学生、大学院生、小中高等学校教員、大学教授、NPO法人、その他団体まで様々な立場の方々が75人。大変充実した研修会となりました。参加者は、原田正樹日本福祉大学教授(学長補佐)のサービスラーニングの講義、3つの高等学校の事例報告に熱心に耳を傾け、ワークショップでは「防災」をテーマに参加者全員が6グループに分かれて熱い協議を行い、最後にその協議内容をまとめて、参加者全員の前で発表しました。

IMG_0404

事例報告の様子

IMG_0432

ワークショップ風景

スクールボランティアサミット2012

2012年8月11日(土)、スクールボランティアサミット2012を開催いたしました。
全国からの充実した実践報告とともに活発な意見交換が行われました。その内容については、下記の【奉仕・ボランティア体験学習情報ネットワーク】をご覧ください。

全体会(パネルディスカッション)

全体会(パネルディスカッション)

さわやか福祉財団理事長堀田力氏講演

さわやか福祉財団理事長堀田力氏講演)

【奉仕・ボランティア体験学習情報ネットワーク】

学校における奉仕・ボランティア体験学習の情報をお寄せ下さい!(ご連絡・情報のご提供はお問い合わせにお願いいたします。)
◆スクールボランティアサミット2014報告書(含資料)

◆スクールボランティアサミット2013報告書及び資料
SVS2013(講義)日本福祉大学原田正樹教授
SVS2013(事例報告)静岡県富士市立高等学校
SVS2013(事例報告)埼玉県立岩槻高等学校
SVS2013(事例報告)東京都立八王子北高等学校
SVS2013資料 [富士市教育委員会]
SVS2013資料[埼玉県立岩槻高等学校]
SVS2013資料[都立八王子北高等学校]
SVS2013(会場提供資料1)富士市立高等学校
SVS2013(会場提供資料2)NPO法人ソシオキュアアンドケアサポート
SVS2013(会場提供資料3)秋田県立仁賀保高等学校

◆スクールボランティアサミット2012報告書及び資料
SVS2012報告書1分科会
SVS2012報告書2基調講演(堀田力氏)
SVS2012報告書3全体会
SVS2012-1(登壇者発表資料)岡山県立林野高等学校
SVS2012-2(登壇者発表資料)群馬県立尾瀬高等学校
SVS2012-3(登壇者発表資料)東京都立練馬高等学校
SVS2012-4(登壇者発表資料)愛知県立豊橋工業高等学校
SVS2012-5(登壇者発表資料)東京都立五日市高等学校
SVS2012-6(登壇者発表資料)東京都立第五商業高等学校
SVS2012(会場提供資料1)東京都立練馬高等学校
SVS2012(会場提供資料2)東京都立荒川高等学校
SVS2012(会場提供資料3)東京都立五日市高等学校(定時制)
SVS2012(会場提供資料4)東京都立芦花高等学校
SVS2012(会場提供資料5)東京都立広尾高等学校
SVS2012(会場提供資料6)神奈川県社会福祉会

スクールボランティアサミットに関連する記事もっと見る

loading...
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
すべての著作権は認定NPO法人さわやか青少年センターに帰属します。
Copyright(c) 2012-2017 認定NPO法人 さわやか青少年センター All Rights Reserved.